2011年05月04日

カーボンヒーター

下記は2011年2月26日に更新するはずだった記事です。
商品リンクを後程アップするだけで完成だったのですが、それも終わって、ブログの更新が完了したと思い込んでいました。
記事の内容が、季節はずれになってしまい、申し訳ございません。。
あまりにも時間が経ちすぎているので、少し修正してアップしました。

-----------------------

小学生の頃の話ですが、冬の朝に学校に行く前に着替える時に、弟と二人で石油ファンヒーターの前で暖まりながら着替えていました。
しかし、身体の水分が奪われ、その頃からアトピーだった弟はボリボリ掻いていました。
私はその頃、アトピーではありませんでしたが、同じくボリボリ掻いていました。
そうやって、掻きながら着替えるのが冬の朝の日課になっていました。

部屋全体を暖めるには、石油ファンヒーターは必需品ですが、光熱費が高く、空気も乾燥しやすく、ホコリも舞いやすい欠点があります。
逆に、部屋全体は暖まりませんが、光熱費が安く、空気がこれ以上乾燥する事も無く、ホコリも舞う事が無い、暖房器具があります。
それは、カーボンヒーターです。

カーボンヒーターは去年迄は高額だった印象がありましたが、今年に入ってから、型落ち品等で安くなっている事に気がつきました。
そして買ってみたのが、チャコールファイバーヒーターです。



私が買ったお店では売切れてしまったので、上記に現在一番お得なお店をリンクしておきました。
この商品はスウェーデンのトップブランドの商品(生産国は中国ですが…)で、発売当初10,500円で売られていました。
このカーボンヒーターは、200Wの電力で400W同等の暖かさを感じさせる事が出来ます。
ハロゲンヒーターと比較すると、1/2の消費電力で済むそうです。
その他詳細は上記商品写真から、リンクしてみてください。

リビングで一人で使ってみたのですが、身体の芯から暖まる感じがします。
電源を切ってからも、身体に遠赤外線があたった部分だけ、しばらく暖かいです。
空気が今以上乾燥しないので、掻く回数も少ないように感じます。
最高でも300Wなので、650W+灯油代のかかる石油ファンヒーターに比べて、かなり省エネできると思います。
ただ、コンパクトタイプのせいか、二人以上では暖を取れません。
細長いデザインなので、一人でも身体の一部分だけ温まる感じです。
その他の使い方や詳細レビューは、「2011年1月29日のお買い物」に記載してあります。

そこで、もう少し大きさとパワーがある、ゼピールのカーボンヒーターを家電量販店で購入しました。



残念ながら、私が買った商品は楽天ショップでは売り切れていましたので、同じシリーズの商品をリンクしました。
私が買ったのは550W/275Wの2段階切替の商品(DCH-A600-W)で、色は白でしたが、上記(DCH-A609)は600W/300Wです。
熱源が縦横に切り替えが出来るので、2人以上でも何とか暖かいです。

チャコールは寝室、ゼピールはリビングで使用しています。


カーボンヒーターのリンクです。
カーボンヒーター
チャコールファイバーヒーター
ゼピール カーボンヒーター

姉妹サイトのカーボンヒーターに関するすべてのリンクです。
(現時点では関連記事が無いのですが、記事を書き次第、自動更新されるようにリンクしておきます。)
カーボンヒーターALLリンク

アマゾンで人気のカーボンヒーター



posted by キャスカ♪ at 12:17| Comment(0) | アトピー 生活用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケラチナミン

いつの間にか、かなり時間が経っていました。
その間に東日本大震災が起こりましたね。。

私は宮城県沿岸部在住ですが、高台に住んでいる為に津波の被害は無かったです。
ただ地震による家屋のヒビやら、ブロック塀が一部落ちたり、天井に穴が空いたりとかはしました。
3月12日から4月18日迄、パート先の通勤に使っていた線路が被災し、その間ずっとパートを休んでおりました。
19日からカレンダーどおり、職場へ通勤しております。
ちなみに宮城県情報ブログには、3〜4月の間、案外頻繁にブログを更新しておりました。

今日は久しぶりのこのブログの更新。
手と足のアトピーで効果が高かったお薬を紹介したいと思います。

私がこのお薬を知ったのは、4年前です。
手足のアトピーに、強いステロイドを使っていましたが、酷くなったり、緩和したりを繰り返し、ゆっくりと悪化しているようでした。
その話を医師に相談した時にいただいたお薬が「ケラチナミン」でした。

貰った当初は、ステロイドよりも効果が有ると感じていましたが、そこまで劇的では無いと思っていました。
そうこうしているうちに、60キロ程度離れているその病院には行かなくなり、ケラチナミンが手足に使う薬で有る事もすっかり忘れていました。

それから約3年半、手足のアトピーには近くの病院で貰った、最強クラスのステロイドで一気に直し、段階を踏んで、ステロイドを弱くしていって、有る程度緩和したら、オロナインやメンタームやユースキンや馬油等をつけて、治療にあたっていましたが、去年はまた手足を含めるアトピーが悪化したので、今年1月に60キロ程度離れている病院に、約3年半ぶりに通院しました。

その時に、手足のアトピーの為に渡されたのがケラチナミンでした。

この時にケラチナミンを渡された時に、自分の勘違いに気がつきました。
2007年に渡されたケラチナミンは、その後2年位手元に有ったのですが、時が経つにつれ、ウレパールの代わりと勘違いし、身体に塗った事もありました。
同じ尿素系である事と、ウレパールが処方されなくなった事で勘違いしていました。

そのお薬を手足に塗ると、今回は案外治りが早かったのです。

被災生活を送っている時は、ずっと家にいて、手もあまり使う事が無かったので、手足のアトピーは綺麗でした。
職場復帰してからまた症状が出てきたのですが、ストレスで掻く事が、アトピーには一番良く有りませんね。

ケラチナミンは興和のお薬で、市販もされています。
ただ、種類が沢山出ていますね。
病院と同じ物はどれなんだろう??
安いので、60キロ離れた病院に行かなくても、手に入れられそうです(*^^)





↓オーソドックスなケラチナミン




ケラチナミンのリンクです。
ケラチナミン

姉妹サイトのケラチナミンに関するすべてのリンクです。
ケラチナミンALLリンク




アトピー治療、まずは口に入れるものから…。




posted by キャスカ♪ at 10:09| Comment(0) | アトピー 医薬品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。