2011年05月04日

ケラチナミン

いつの間にか、かなり時間が経っていました。
その間に東日本大震災が起こりましたね。。

私は宮城県沿岸部在住ですが、高台に住んでいる為に津波の被害は無かったです。
ただ地震による家屋のヒビやら、ブロック塀が一部落ちたり、天井に穴が空いたりとかはしました。
3月12日から4月18日迄、パート先の通勤に使っていた線路が被災し、その間ずっとパートを休んでおりました。
19日からカレンダーどおり、職場へ通勤しております。
ちなみに宮城県情報ブログには、3〜4月の間、案外頻繁にブログを更新しておりました。

今日は久しぶりのこのブログの更新。
手と足のアトピーで効果が高かったお薬を紹介したいと思います。

私がこのお薬を知ったのは、4年前です。
手足のアトピーに、強いステロイドを使っていましたが、酷くなったり、緩和したりを繰り返し、ゆっくりと悪化しているようでした。
その話を医師に相談した時にいただいたお薬が「ケラチナミン」でした。

貰った当初は、ステロイドよりも効果が有ると感じていましたが、そこまで劇的では無いと思っていました。
そうこうしているうちに、60キロ程度離れているその病院には行かなくなり、ケラチナミンが手足に使う薬で有る事もすっかり忘れていました。

それから約3年半、手足のアトピーには近くの病院で貰った、最強クラスのステロイドで一気に直し、段階を踏んで、ステロイドを弱くしていって、有る程度緩和したら、オロナインやメンタームやユースキンや馬油等をつけて、治療にあたっていましたが、去年はまた手足を含めるアトピーが悪化したので、今年1月に60キロ程度離れている病院に、約3年半ぶりに通院しました。

その時に、手足のアトピーの為に渡されたのがケラチナミンでした。

この時にケラチナミンを渡された時に、自分の勘違いに気がつきました。
2007年に渡されたケラチナミンは、その後2年位手元に有ったのですが、時が経つにつれ、ウレパールの代わりと勘違いし、身体に塗った事もありました。
同じ尿素系である事と、ウレパールが処方されなくなった事で勘違いしていました。

そのお薬を手足に塗ると、今回は案外治りが早かったのです。

被災生活を送っている時は、ずっと家にいて、手もあまり使う事が無かったので、手足のアトピーは綺麗でした。
職場復帰してからまた症状が出てきたのですが、ストレスで掻く事が、アトピーには一番良く有りませんね。

ケラチナミンは興和のお薬で、市販もされています。
ただ、種類が沢山出ていますね。
病院と同じ物はどれなんだろう??
安いので、60キロ離れた病院に行かなくても、手に入れられそうです(*^^)





↓オーソドックスなケラチナミン




ケラチナミンのリンクです。
ケラチナミン

姉妹サイトのケラチナミンに関するすべてのリンクです。
ケラチナミンALLリンク




アトピー治療、まずは口に入れるものから…。






posted by キャスカ♪ at 10:09| Comment(0) | アトピー 医薬品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。